「美術館めぐり」と「コスメ」と「すきなこと」。

自室で自滅して全治2か月の骨折(中足骨骨折)をしてから完治するまでの症状をくわしく書きました。

足の甲-骨折-症状おひとり様の雑記
スポンサーリンク

 

突然ですが、骨折しました。

 

2020年の年末ちょい前、
まさか自室からトイレに向かうまでの道のりで折れるとは思いませんでした。

 

衝撃です。

 

というわけで、以下に

「自室で自滅して骨折したアラサー女が完治するまでの記録」

 

をまとめましたので必要な方は必要なところだけご覧ください。

 

こんなアホみたいな私の経験が、どなたかの不安の解消になれば幸いです。

 

この記録はあくまでも個人の一例であり、
全ての方が当てはまるわけではありませんから、何かあればすぐ病院に行ってください。

約束です。

 

アラサーにして全治2か月の「中足骨骨折」になったときの記録。

骨折当日

原因:あぐらで足がしびれてた

何故スポーツもしないインドア女が骨折してしまったのか。

お恥ずかし話、自分がアホだっただけです。

 

①自室でオフィス用のイスの上であぐらをかいていて
②足が痺れていた状況でトイレに立ち
③思ったよりも足が地面を離れておらず
④2歩目くらいでシビれた足に全体重をかけ(転んだわけではない)
⑤骨が逝った

 

ボキッ
と、マンガみたいな音がしました。

 

日曜の夕方のことでした。

 

直後:痛みよりもめまいと耳の異常

 

小指をぶつけた時のような瞬間的な衝撃の痛みはあったと思います。

 

「あ゛ーーーーーーーーー!!」

と思わず声が出ました。

 

しかしそれよりも全身が異常をきたしました。

 

意識がもうろうとする
・耳を手でふさいだみたいな音の聴こえ方になる
 エコーがかかったみたいで、周りにだれもいないのに常にぐわんぐわした音がする
吐きそう
冷や汗が止まらない
・心臓なのか血流なのかわからないけどドクドクする
顔面真っ白唇も真っ白
ふらふらして起き上がっていられない

 

「吐くかも」
と思って壁づたいに5メートル先のトイレにいきました。

足のシビれは健在です。

 

しかし、吐くものはなく
トイレだけしてまた壁を伝いながら自室に戻りました。

 

そしてベッドに倒れ込みました。

 

何も考えられず目も開けていられず横になっていました。
耳が聞こえないのが怖かったこともあり、人を呼ぶとかいう気力も思考もなかったです。

 

体感5分くらいでしょうか。
母が異変に気が付いて様子を見に来てくれたとき、あまりにも顔面が真っ白だったので「死んだ」と思ったらしいです(笑。

 

あとから調べたのですが
これらはすべて骨折時の全身症状(ショック症状)だそうですね。

 

その後:痛みと腫れ

ショック症状は10分もしないうちにおさまりました。
吐き気も耳の異常もすべて立ち消えました。

 

この時点での様子がこちらです。

・足の甲が腫れている
1時間立たないうちに足全体が腫れてきた
1時間立たないうちにズキズキ痛くなってきた
・歩行はできる(足首は動かせた)

 

ふつうに歩けたので
捻挫したかなーくらいに思っていたものの、
捻挫であんなに冷や汗って出るのかなという心配もありました。

 

その日は湿布を貼って包帯で簡単に固定して寝ました。

痛み止めを飲まなくても眠れるくらいの痛みでした。

 

全3回の通院と自宅療養

 

通院① :レントゲンで様子見

翌朝、整骨院に行きました。
この時は昨晩よりも痛みは引いていて患部を触らなければほぼ無痛でした。

 

いちど診察したあと
レントゲンを撮ってからもう一度診察。

 

先生からは

「レントゲン写真でははっきり写っていません。
しいて言えばこの部分(足の甲の外側を押して痛みがあることを確認しながら)が折れているかな、と疑わしいくらいです。

2週間固定して様子をみて
捻挫ならそれでほぼ治るし、痛みや腫れが続くなら折れてます。
完全に折れていたら2か月、ヒビでも1か月以上はかかります。

自宅では血が下に行くと痛くなるので足を高く上げていてください。」

 

とのことでした。

 

シーネ固定をして
足に包帯を巻いて帰りました。

 

「痛み止めはいりませんか。」

と聞かれたのですが私の場合は不要でした。

 

足を固定しての通勤は厳しくなるなとは思ったのですが、松葉杖はもらいませんでした。
(仕事は休むかテレワークにしてもらうか、それがダメと言われたら転職するつもりだったので。)

 

折れたのが足の甲だったため
「かかとで歩いてもいいですよ」と言われていたのは幸いでした。

 

自宅療養:骨折から2週間目までの様子

2週間自宅でおとなしくしていた様子は以下のとおり。

・座ったときに足を少しでも傾けたり重ねるのと痛い
(体重のかけ方が均等でないと痛くなる)
・足を高く上げていないとものすごく足がむくむ
・かかとだと歩きにくい
・少し寝にくい
・けど、触らなければ痛くない

 

というかんじであまり困ったことはなかったんですよね。

 

シーネ固定は自分で取り外しできるので、
普通にお風呂も入れたし、
足がむくんだら固定をとってマッサージもできました。

 

仕事はテレワークになったので
いつもより優雅な日常を過ごしました

 

ただ、痛みは2週間後も同じでしたし、
足もずっと腫れていました
青あざが広範囲になっていましたので見た目は悪かったです。

 

通院②:骨折(ヒビ)確定

2回目の整骨院では
いちばんにレントゲンを撮ってから診察になりました。

 

レントゲンには相変わらずはっきりしたことは映っておらず、

先生が足の腫れと幹部を押してみて痛みがあったので

「たぶん骨折(ヒビ)ですね。
引き続き固定して2週間後また来てください。」

 

という感じで15分程度で診察終了でした。

 

余談ですが、お医者さんってあまり「ヒビ」っていう言葉を使わないんですかね。
私が「それってつまりヒビってことですか」ときいて初めて「そういう事ですね」と言われます。

 

自宅療養:骨折から4週間目までの様子

そなわけで
さらに2週間、自宅でおとなしくしていました。

 

・前半の1週間はなぜか前よりも足がズキズキと痛かった
(調子に乗ってかかとで歩いて家の雑務とかしてたから?)
・後半の1週間で足全体の腫れがひいてシーネ固定がぶかぶかになってきた
・痛みもほとんどなく、普通に歩いても多分大丈夫かなという体感
・患部だけは青あざと腫れが残っている
・強めに押すと痛い

 

という感じで
後半の1週間で一気に回復したかなと思います。

 

通院③:通院終了。完治まではさらに1か月。

3回目の整骨院でも
いちばんにレントゲンを撮ってから診察になりました。

 

「だいぶ腫れも引いてきたので、もう固定を外しても大丈夫でしょう。
通院もこれで終わりでいいです。
ただし、完治まではあと1か月はかかります。
長く歩いたり運動すると痛くなると思います。」

 

という感じで15分程度で診察終了。

通院も終了しました。

 

病院で固定を外してもらって
帰りにスーパーに買い物に行ったのですが、ふくらはぎの筋肉が痛すぎて初日は歩けませんでした。

1か月まともに歩かなかっただけで筋力って衰えるんですね。

 

日常生活を送る

 

仕事復帰:骨折から5週間目までの様子

初日は駅から職場まで歩くだけで痛かったですね。
かなりゆっくり歩く必要がありました。

 

また、かかとが高めの靴を履くと
患部がピリピリ痛くなるので、
急遽ぺったんこかつ靴底が堅めのサンダルを買いました。

 

仕事復帰:骨折から2カ月目の様子(現在)

現在は、ほとんど痛みはありません。
ただ完治しているかというとどうなのか・・・

 

・早歩き、ジャンプなど基本的にはすべて問題なし
・長時間立ちっぱなしだと痛くなる
・身体の疲労が足にくr
・かかとの高い靴を履くと痛くなる
・ふとした時にピリッと痛みが走るときがる
・折った右足甲の骨の盛り上がりが治らない(写真)

足の甲-骨折-症状-腫れ

 

もうこれらとは一生付き合っていきそうな気がしますが、、、

しかたないがないですね。

 



 

というわけで、

私の中足骨骨折(足の甲の骨折)の完治までの様子は以上です。

 

一度壊れたものを修復するのって難しいんだなあ。
とりあえず、可及的速やかに体重を減らすべきだと思った2カ月でした。

 

どなたかの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました