「美術館めぐり」と「コスメ」と「すきなこと」。

"笑い"がこころと体のバランスが整え免疫力を高める

健康
スポンサーリンク

 

毎日毎日暗いニュースが多いなか、
興味深い記事がありました。

 

"笑い"が免疫力を高めるというものです。

 

"笑い"がさまざまな病気の予防や改善に役立つことは科学的にも証明されてきています。

医学の分野でもそれに着目した研究がすすんでいるそうです。

 

 

"笑い"でこころと体のバランスが整うし、免疫力もアップする

ナチュラルキラー細胞が活性化して免疫力を高める

ナチュラルキラー細胞というのは

白血球の一種で、

体に害を及ぼす物質を退治してくれる細胞です。

 

私たちが笑うと、免疫をコントロールしている器官に興奮が伝わります。

"善玉"の神経ペプチドがたくさん生まれます。

この神経ペプチドが血液やリンパ液をとおって体中をめぐり、
ナチュラルキラー細胞を活性化します

病気の原因となる悪い物質を次々と攻撃してくれます。

 

若くて健康な人でも

体内にウィルスが侵入すれば病気になりますし、1日3000~5000個ものがん細胞が発生しています。

 

笑うとナチュラルキラー細胞が活性化して免疫力が高まるので、ウィルスに負けない強い体ができるんですね。

 

 

血行が良くなる

笑うと腹式呼吸になり、体内にたくさんの酸素を取り込むことが出来ます。

 

その量は、ふつうの呼吸の3~4倍にもなるそうです。

 

また、笑うことで腹筋や横隔膜などの筋肉を使います

すると酸素消費量が増え、血流も増加します

 

ちなみに、体に多くの酸素を取り入れると、脳の働きも活発になります。

 

こころのバランスを整える

 

ストレスが高まると、交感神経が優位になりストレスホルモンが多くなります。

 

逆に、笑うと副交感神経が優位になり、ストレスホルモンの分泌が減少します。

 

交感神経と副交感神経のスイッチがよく切りかわるようになることで自律神経のバランスが整います

 

幸福感を高める

笑えてるんなら幸福だろうと突っ込みたくなりますが、ちゃんと理由があります。

 

笑うことで脳内に「エンドルフィン」や「ドーパミン」が分泌されます。

 

「エンドルフィン」幸福感をもたらすホルモンです。

 

「ドーパミン」やる気を高めてくれるうえに、ストレスホルモンの分泌を抑えてくれるホルモンです。

 

体の中でも、医学的にきちんと幸福度を高めているんですね。

 

作り笑いでもいい…らしい

 

笑いの表情だけでも脳が錯覚を起こすそうです。

 

顔の筋肉のうごきが脳へフィードバックされるので、顔が笑えば"笑ったときのプログラム"が脳内で呼び出されるからです。

 

笑顔を意図的に作ると、なぜか気分も上向きになったりしますもんね。

 

できる範囲でリフレッシュしていきましょー

ウソでも笑っとけとはよく言ったものです。

 

最近は暗いニュースばかりで気が滅入ってしまいますが、

お家のなかでも自分なりにリフレッシュできることを見つけて、

よく笑って、

免疫力を高く保っていきたいですね^^

 

 


【参考】"笑い"がもたらす健康効果(サワイ健康推進課|2009.08)
【参考】笑う~ストレス解消法~(日本成人病予防協会|2019.08)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました