「美術館めぐり」と「コスメ」と「すきなこと」。

美術館めぐり

美術館めぐり美術館めぐり
美術館めぐり

『モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況

SOMPO美術館の『モンドリアン展』に行ってきました。展覧会の感想と、グッズ・混雑状況・所要時間などもあわせてご紹介しています。 あの四角形と直線が組み合わさった抽象画が超有名なモンドリアン。どうしてああいう絵を描くようになったのか?初期から晩年までを一望できる、おもしろい展覧会でした。
美術館めぐり

『あやしい絵展』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況

東京国立近代美術館の『あやしい絵展』に行ってきました。 展覧会の感想と、グッズ・混雑状況などもあわせてご紹介しています。 不気味でおそろしい表情、妖艶で引きずり込まれる魔性の女たちなど、いろいろな「あやしい」がつまった展覧会でした。 恐いもの見たさでご覧ください。
2021.05.11
美術館めぐり

『渡辺省亭-欧米を魅了した花鳥画-』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況

『渡辺省亭展』の感想と、グッズ・混雑状況などもあわせてご紹介しています。 すさまじい画力とデッサン力で精密とグラデーションの効いた独特の画風。 これまであまり有名じゃなかったのが不思議でなりません。 2021年は、渡辺省亭の再評価元年になるかも・・・。
2021.04.19
スポンサーリンク
美術館めぐり

愛しい素朴な風景。『テート美術館所蔵 コンスタブル展』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況

三菱一号館美術館の『コンスタブル展』に行ってきました。 コンスタブルの作品は一見すると地味にみえるかもしれません。 しかし、彼の描く「身近で素朴な風景」は海を越えたフランスで注目され、あの「印象派」につながっていくんですよね。 なんだか、興味がわいてきませんか。 楽しかったポイントや、グッズ情報、混雑状況などもまとめています。
2021.03.15
美術館めぐり

『没後70年 吉田博展』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況

東京都美術館で開催中の【吉田博展】に行ってきました。 西洋風景画家として活躍した吉田が49歳ではじめた木版画。 海外を5回も旅して感じとったその風景・空気・風や光にいたるまでのすべてが作品に閉じ込められた渾身の展覧会でした。 楽しかったポイントやグッズ情報、混雑状況などもまとめています。
2021.06.03
美術館めぐり

『眠り展:アートと生きること ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況

この記事では『眠り展』の感想と楽しかったポイントを解説しています。 いまこの社会情勢においてあえて「眠り」をテーマにしたことの意味深さ。 本展において伝えられたのは、困難な状況に身を置くいまだからこそ「自身を見つめなおすための"眠り"」の提案でした。
2021.05.02
美術館めぐり

年末年始に観に行ける美術館まとめ(2020.12.28~2021.01.04)

東京エリアを中心に年末年始(12/28~1/4)でも観に行ける美術館をまとめました。 できる範囲で楽しい年末年始を過ごしましょう!
2020.12.30
美術館めぐり

【美術展2020】私を支えてくれた13の美術展たち。

2020年は世界中が苦しんでいて心がざわざわすることも多かったなかで美術展、絵のパワーが私のメンタルを助けてくれました。 私が今年、無事に観に行くことができた美術展をまとめた記事です。 いろいろな考え方があると思いますが、悩みながらも折り合いをつけながら心が安らぐ毎日が遅れたらいいなと思うこの頃です。
美術館めぐり

『1894 Visions ルドン、ロートレック展』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況

この記事では【1894 Visions ルドン、ロートレク展】の感想と楽しかったポイントを解説しています。 ルドンの黒と色彩の絵画、ロートレックのおしゃれなポスター。行くか迷っている方はぜひチェックしてみてください。 グッズもすっごくかわいいです。
2020.11.11
美術館めぐり

『KING&QUEEN展』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況

この記事では【KING&QUEEN展】の感想と展覧会をいっそう楽しくするポイントを解説します。 「肖像画ばかりの展覧会はつまらないんじゃないか?」 いやいや、すっっっっっごく面白かった!! 英国王室が背負ってきた壮大な歴史ふれ、ロイヤルファミリーが今もなお民衆に注目される理由が、やっとわかった気がします。
2020.11.27
美術館めぐり

内藤コレクション展Ⅲ『写本彩飾の精華 天に捧ぐ歌、神の理』の感想・混雑・グッズ・所要時間

ゴシック写本の展覧会「内藤コレクション展」。第3弾にして最終回となる本展を彩るのは、これまでとくらべてとりわけ華やかで大型な「聖歌の写本」です。 展覧会の感想、グッズ情報などを写真付き紹介しています。
2020.11.06
美術館めぐり

『画家が見たこども展』の感想・所要時間・グッズ情報

本展を楽しむポイントは印象派に続く世代の芸術家グループ「ナビ派」です。 ナビ派の画家たちは「自分を取り巻く家族の情景」を数多く描きましたが、そのなかには無邪気で生命力にあふれた「こども」たちがたびたび登場しました。そのどれもが愛情と尊さに満ちていて観ている私も暖かい気持ちになりました。
2020.11.06
美術館めぐり

『SOMPO美術館開館記念展』にゴッホ《ひまわり》を観に行く|感想・所要時間・グッズ情報

SOMPO美術館開館記念展ではゴッホの5作目の《ひまわり》を観ることができます。ロンドン・ナショナル・ギャラリー展でみられる世界でいちばん有名なゴッホの黄色い《ひまわり》をゴッホ自らが模写したという《ひまわり》です。いまは両方日本で観られます。行くしかないですね!
美術館めぐり

内藤コレクション展Ⅱ『中世からルネサンスの写本 祈りと絵』の感想・混雑・グッズ・所要時間

国立西洋美術館の常設展で現在「中世からルネサンスの写本 祈りと絵」という小企画展が開催中。内藤コレクション展「ゴシック写本の小宇宙」の第2弾です。ロンドン・ナショナル・ギャラリー展の半券で入場できます。感想・グッズ・混雑状況などを紹介しています。
2020.11.06
美術館めぐり

『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展』の感想・混雑・グッズ・所要時間

「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」に行ってきました。ルネサンスからポスト印象派までを網羅した本展は、ヨーロッパ美術史を学ぶにはもってこいです。 また、理屈抜きにあのゴッホの《ひまわり》を観られたのはうれしかった!人生で一度は観ておきたい作品です。
2020.11.06
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました