「美術館めぐり」と「コスメ」と「すきなこと」。

【Dior】ディオールのサンク クルール クチュール「ソフトカシミア」を画像たっぷりでレビューする【スウォッチ&着画】

ディオール-Dior-サンク クルール クチュール-ソフトカシミア-口コミ-レビューアイシャドウ
スポンサーリンク

 

ずっと憧れていた アイシャドウ。

 

ディオール(Dior)
サンク クルール クチュール から

669:ソフトカシミア」を購入しました。

 

高級デパコスなのでどの色にするかで ものすごく悩みました。

 

レギュラー色でもこれだけの種類がありますからね。

 

ディオール-Dior-サンク クルール クチュール-色-種類ディオール-Dior-サンク クルール クチュール-色-種類

 

いろいろな方の口コミを調べて、やっとこさ選んだ「ソフトカシミア」。

クールななかにもかわいさを残したパレットが最高でした。

 

私も画像をたくさん使ってレビューを残したいと思います。
参考になればうれしいです。

 

ディオールのサンク「669 ソフトカシミア」 レビュー

外観をチェック|見た目の色

ディオール-Dior-サンク クルール クチュール-ソフトカシミア-口コミ-レビュー-ケース

 

とにかく初めてのディオールということで浮かれております。

ケースからしてシックでステキだったのですが、肝心のアイシャドウの色味もたまらなく素敵すぎました。

 

ディオール-Dior-サンク クルール クチュール-ソフトカシミア-口コミ-レビュー

 

ふつうのブラウンとは一味違う。
たっぷりな高級感とカッコよさを兼ねそなえたパレットでした。

 

ケースを開いた瞬間からこれは当たりの色だと思いました。

 

色をチェック|スウォッチ

ディオール-Dior-サンク クルール クチュール-ソフトカシミア-口コミ-レビュー-色太陽光で撮影☀

 

ソフトカシミアのアップ画像はこんな感じです。

太陽光で撮影しており、実物とかなり近い色に撮れていると思います。

 

どことなくピンク味を感じるブラウンです。
かといって全体的に甘い色のパレットかというと、そうではありません。

 

ディオール-Dior-サンク クルール クチュール-ソフトカシミア-口コミ-レビュー-色

 

私が受けたソフトカシミアのパレットの印象はこのような感じです。

 

a:ギラギラシルバーブラウン
シルバーのパールがぎっしりなブラウンでどちらかというとクール寄りな色。
まぶた全体にのせるよりもグリッターと同じように部分的に使うとカワイイ気がする。

 

b:甘めのオーロララメ
ピンクや水色に光るオーロララメで色はほとんどつかない。
ゴールドラメはおそらく入っていないので黄味を全く感じない

 

c:やわらかなブラウン
ピンク寄りのブラウンでとってもかわいい。
Cをメインに使うとやわらかでやさしい印象がだせて本当にかわいい。
繊細なパールでさすがデパコス。

 

d:超クールなブラウン
スモーキーなグレーを感じるカッコいい系のブラウン
aやdをメインに使うとクールな印象のメイクができる。
パールが高級感たっぷり。

 

e:マットなニュートラルブラウン
締めカラーのブラウン。
赤にも黄にも寄らない、どんなブラウンにも合いそうなニュートラルな色。
「やわらか甘めメイク」・「クールなメイク」どちらにも使える。

 

ディオール-Dior-サンク クルール クチュール-ソフトカシミア-口コミ-レビュー-色-スウォッチ太陽光でのスウォッチ☀上からabcde

 

やはりこのパレットは太陽光だと少し柔らかく発色する気がします。
光の加減で映り方が変わるのかなと思いまして、何枚かスウォッチを撮ってみました。

 

ディオール-Dior-サンク クルール クチュール-ソフトカシミア-口コミ-レビュー-色-スウォッチ太陽光でのスウォッチいろいろ☀/上からabcde

 

一番上はパレットでいう左上の「a」です。

スウォッチくらい広い範囲にぬるとブラウンが目立ちますが、まぶたくらいの広さだとシルバーラメが目立つので少し印象が変わるかもしれません。

 

真ん中の「c」をつかうかどうかが、
甘さ・やさらかさを出す/出さないのわかれ目だと思います。

 

上から4番目の「d」で一気にクールメイクになります。

 

着画|まぶたにのせた発色

実際につけてみるとこのようになりました。
蛍光灯で撮影しています。

 

ディオール-Dior-サンク クルール クチュール-ソフトカシミア-口コミ-レビュー-色-スウォッチ-着画蛍光灯で撮った着画

 

全色使ってメイクをしていますが、
スウォッチよりもまぶたにのせた時のほうがクールさが増す気がします。

 

画像は目元のアップなのでわかりにくいですが、引きでみると黄味がほとんどありません。

 

全体的にクールなブラウンかと思いきや、ピンクをしっかりと感じるのでクールに寄りすぎないのが最高です。

 

「かわいい女感」と「できる女感」が両立している絶妙すぎるブラウンパレットだなと思いました。

 

 

ご紹介したのはこちら

 

さすがディオール様。
よくばりなパレットでございました・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました