\「美術館めぐり」と「コスメ」と「すきなこと」。/
美術館めぐり

【美術館巡り2021】私を支えてくれた 10の美術展たち

美術館-美術館めぐり-美術館巡り-美術展めぐり-感想-レビュー-まとめ-2021
スポンサーリンク

 

2021年。

世間はコロナありきで、なんとか回っていくようにみんなが頑張っている。
そんな年だった気がします。

 

私はといえば、やっぱり時間を見つけては美術展に足を運んでいました。

 

個人的には仕事で異動があり ほとんど毎日気疲れしている年でもあったので、美術館での時間がなんとありがたかったことか。

 

絵の世界が心の支えであったことに、間違いありません。

 

 

私を支えてくれた美術展 2021

2月| 眠り展

美術館-美術館めぐり-美術館巡り-美術展めぐり-感想-レビュー-まとめ-2021-ルーベンス-眠る二人の子供ペーテル・パウル・ルーベンス《眠る二人の子供》1612-13年頃 油彩/板 国立西洋美術館蔵

 

2021年最初の美術展は「眠り展」から始まりました。

展覧会の看板では、このルーベンスの《眠る二人の子供》の絵が使われていたのが印象的です。

 

テーマの珍しさに惹かれたのもあります。
そしてなんとなく、癒してくれそうだなという期待もありました。

 

休息の眠り、生を終える眠り、次に歩むための眠り。
いろいろな眠りの作品に触れました。

 

コロナにも終わりがみえずまだまだ続きそうなどんよりした現実を、静かに、落ち着いて、しかし強かに生きていこう。

そんな風に背中を押されたような気がして元気をもらえました。

 

『眠り展:アートと生きること ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況
この記事では『眠り展』の感想と楽しかったポイントを解説しています。 いまこの社会情勢においてあえて「眠り」をテーマにしたことの意味深さ。 本展において伝えられたのは、困難な状況に身を置くいまだからこそ「自身を見つめなおすための"眠り"」の提案でした。

 

3月| 没後70年 吉田博 展

美術館-美術館めぐり-美術館巡り-美術展めぐり-感想-レビュー-まとめ-2021-吉田博-タジマハルの朝霧 第五吉田博《タジマハルの朝霧 第五》1931年 木版/紙 個人蔵

 

吉田博展」は雑誌で開催を知ってから絶対に観に行きたいと思っていた美術展でした。

どうしてもこれが版画だとは信じられなかったからです。

 

繊細すぎるタッチ、陰影のグラデーション、そして透明感。
実物を観てもなお信じがたいくらい綺麗でした。

 

版画というと、どうしても日本的な題材を扱うイメージがあったので、こういう海外を描いた作品は西洋画ファンの私には大変楽しかったです。

 

山を愛し、旅を愛した吉田博の世界が満載。
個人蔵作品をたくさん観られてプレミアムな体験ができました。

 

『没後70年 吉田博展』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況
東京都美術館で開催中の【吉田博展】に行ってきました。 西洋風景画家として活躍した吉田が49歳ではじめた木版画。 海外を5回も旅して感じとったその風景・空気・風や光にいたるまでのすべてが作品に閉じ込められた渾身の展覧会でした。 楽しかったポイントやグッズ情報、混雑状況などもまとめています。

 

3月| テート美術館所蔵 コンスタブル展

美術館-美術館めぐり-美術館巡り-美術展めぐり-感想-レビュー-まとめ-2021-ジョン・コンスタブル-ブライトン近郊の風車ジョン・コンスタブル《ブライトン近郊の風車》1824年 油彩/カンヴァス テート美術館蔵

 

コンスタブル展」で過ごす時間は穏やかでした。

 

コンスタブル作品をまとめてみたのは初めて。
過去にぽつぽつと見たことがある絵画はどれも渋くて、さほど印象に残っていなかったのが正直なところでしたが、その認識はこの展覧会でがらりと変わりました。

 

自分が親しんだ思い入れのある風景を
大げさに誇張することもなく自然のありのままに描いたコンスタブル。

 

あまり遠くに出かけられない2021年において、
自分の身近な風景を素朴ながら愛おしい存在に想わせてくれる力がありました。

 

愛しい素朴な風景。『テート美術館所蔵 コンスタブル展』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況
三菱一号館美術館の『コンスタブル展』に行ってきました。 コンスタブルの作品は一見すると地味にみえるかもしれません。 しかし、彼の描く「身近で素朴な風景」は海を越えたフランスで注目され、あの「印象派」につながっていくんですよね。 なんだか、興味がわいてきませんか。 楽しかったポイントや、グッズ情報、混雑状況などもまとめています。

 

4月| 渡辺省亭 -欧米を魅了した花鳥画-

美術館-美術館めぐり-美術館巡り-美術展めぐり-感想-レビュー-まとめ-2021-渡辺省亭-牡丹に蝶の図渡辺省亭《牡丹に蝶の図》(部分)1893(明治26)年 個人蔵

 

渡辺省亭展」も絶対に観に行くと決めていた美術展です。

雑誌で見たこの《牡丹に蝶の図》に一目惚れでした。

 

日本特有のべた塗りではなく(それもまた好きなのですが)、グラデーションが効いていて透明感があって繊細すぎるほど繊細。

吉田博展にも共通する和洋ミックスな日本画が素晴らしかったです。

 

実物は、ずっと観ていられる美しさでした。

 

『渡辺省亭-欧米を魅了した花鳥画-』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況
東京藝大美術館に『渡辺省亭展』を観に行きました。 展覧会の感想と、グッズ・混雑状況などもあわせてご紹介しています。 すさまじい画力とデッサン力で精密とグラデーションの効いた独特の画風。 これまであまり有名じゃなかったのが不思議でなりません。 2021年は、渡辺省亭の再評価元年になるかもしれません。

 

4月| あやしい絵展

美術館-美術館めぐり-美術館巡り-美術展めぐり-感想-レビュー-まとめ-2021-橘小夢-水魔橘小夢《水魔》1932年 プロセス版/紙 個人蔵

 

あやしい絵展」は静寂なお化け屋敷のようでした。

 

人間ならざる者、破滅のマドンナ、女の嫉妬、、、。
オスカー・ワイルドの『サロメ』をみて、原作を読んだりもしました

 

綺麗とか技術がすごいとか、
そういうことを抜きにしても、じーっと観てしまうような求心力のある作品が多かったです。

 

こういう絵画のあやしさ・怖さなら、いくらでも体験したいですね。

 

『あやしい絵展』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況
東京国立近代美術館の『あやしい絵展』に行ってきました。 展覧会の感想と、グッズ・混雑状況などもあわせてご紹介しています。 不気味でおそろしい表情、妖艶で引きずり込まれる魔性の女たちなど、いろいろな「あやしい」がつまった展覧会でした。 恐いもの見たさでご覧ください。

 

4月| モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて

美術館-美術館めぐり-美術館巡り-美術展めぐり-感想-レビュー-まとめ-2021-ピート・モンドリアン-乳牛のいる牧草地ピート・モンドリアン《乳牛のいる牧草地》1902-5年 デン・ハーグ美術館蔵

 

モンドリアン展」で、四角くないモンドリアン作品を初めてみました。

 

どれも写実ではなく抽象寄り。

暖かみのある印象派のような作品から、パステルで可愛らしい色づかいの点描画まであって、知らなかったモンドリアンを知れた、大きな出会いだったと思います。

 

モンドリアンがあの有名な四角い《コンポジション》を描くに至るまでの絵柄の変遷を一望し、彼にとても興味がわいて、作品集を見るまでになりました。

 

『モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況
SOMPO美術館の『モンドリアン展』に行ってきました。展覧会の感想と、グッズ・混雑状況・所要時間などもあわせてご紹介しています。 あの四角形と直線が組み合わさった抽象画が超有名なモンドリアン。どうしてああいう絵を描くようになったのか?初期から晩年までを一望できる、おもしろい展覧会でした。

 

10月| イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜

美術館-美術館めぐり-美術館巡り-美術展めぐり-感想-レビュー-まとめ-2021-クロード・モネ-睡蓮の池クロード・モネ《睡蓮の池》1907年 油彩/カンヴァス

 

仕事で5月に異動があり、新しい部署で気疲れやらイライラやらで精神が疲弊しきっていました。
でも都内でコロナがひどくなってきて、美術館巡りも控えることにして。

やっと数カ月ぶりに観に行ったのがこの「印象派 光の系譜展」です。

 

どの絵も発光しているんじゃないかというくらいに輝いていて素晴らしかった。

そして、レッサー・ユリ―という画家も知りました。

 

心が晴れるとはこのことかと思いました。

 

『イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況
三菱一号館美術館の『印象派・光の系譜展』に行ってきました。 キャンバスに光がいっぱいに満ちた、癒しの展覧会でした。 「もう印象派は飽きたから上野の『ゴッホ展』だけでもいいや」と思っている方も、レッサー・ユリィの《夜のポツダム広場》だけはぜひぜひ実物を観てみてほしい!ため息の出る綺麗さで、きっと大好きになると思います。

 

11月| ゴッホ展

美術館-美術館めぐり-美術館巡り-美術展めぐり-感想-レビュー-まとめ-2021-フィンセント・ファン・ゴッホ-麦束のある月の出の風景フィンセント・ファン・ゴッホ《麦束のある月の出の風景》1889年 油彩/カンヴァス クレラーミュラー美術館蔵

 

ゴッホ展」、本当に良かった。
感動しました。心がぎゅっとなりました。

 

私自身が
年齢を重ねるほどに独りが居心地よくなり、逆にコミュニケーションへの苦手意識が強まって、より内省的になってきて、勝手にゴッホにシンパシーを感じたのかもしれません。

 

後半に病院で描かれた庭の絵。
強く真っすぐな太陽の光の下で働く農夫。
夜のプロヴァンスを照らす星々。

 

精神をすり減らす傍らで、
自らの命の灯を作品に移していくようにエネルギーに満ちた絵を生み出すゴッホに惹かれてなりませんでした。

 

観に行けて幸せでした。

ありがとう、ありがとう。

 

『ゴッホ展 ― 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況
東京都美術館の『ゴッホ展 ─ 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント』に行ってきました。ヘレーネは世界最大のゴッホ収集家でありゴッホの評価を世界中に知らしめた人物の一人として知られています。 ヘレーネとゴッホはなぜ「響きあう魂」と言われるのか。二人の共通点を探りつつ、炎の画家ゴッホの傑作を存分に鑑賞できる展覧会でした。

 

11月| イスラーム王朝とムスリムの世界(博物展)

美術館-美術館めぐり-美術館巡り-美術展めぐり-感想-レビュー-まとめ-2021-イスラーム王朝とムスリムの世界<ラスター彩アルハンブラ壺> スペイン 19世紀 陶製

 

滞在時間が少ししかとれなかったので記事にはしていませんが、博物展にも行きました。

 

東京国立博物館東洋館で行われた「イスラーム王朝とムスリムの世界」。

 

装飾品も金ぴかで豪華。
彩色はターコイズ色が鮮やかで美しかったです。

 

美術館-美術館めぐり-美術館巡り-美術展めぐり-感想-レビュー-まとめ-2021-イスラーム王朝とムスリムの世界

 

おそらく今後の私の人生で東アジアには行けないだろうなと思うので、こういう貴重な機会は逃したくないものです。

宗教とからんだ独特の象形がおもしろく、歴史的なことは詳しくなくても楽しめました。

 

12月| ハリーポッターと魔法の歴史 展

美術館-美術館めぐり-美術館巡り-美術展めぐり-感想-レビュー-まとめ-2021-ハリーポッターと魔法の歴史展

 

ハリー・ポッターシリーズは思い出とともにずっと好きな作品です。

 

発売初日に大好きなおばあちゃんが買ってきてくれて、その存在を知りました。

 

当時9歳。
人生で初めての長編小説だったような気がします。
外国の名前がたくさん出てきて戸惑ったことも覚えています。

私にとってハリー・ポッターは「おばあちゃんが買ってくれる特別な本」です。

 

ハリー・ポッターと魔法の歴史展」は、もしや昔は本当に魔法ってあったのでは?と思うような展示品ばかり。
賢者の石の作り方、錬金術の本、魔女の鍋、お茶の葉占い。

 

魔法っていくつになっても惹かれますね。
すっかり大人になった今でも、魔法使いになれるものならなりたいです。

 

本展は予定では2022年3月27日(日)まで開催します。
ハリポタファンもそうでないひとも楽しいと思います。

 

『ハリー・ポッターと魔法の歴史展』感想・グッズ・混雑状況・所要時間
東京ステーションギャラリーの『ハリー・ポッターと魔法の歴史展』に行ってきました。ハリポタファンも、美術ファンも、付き添いの方も、すべてが楽しめる展覧会です。 現代のハリポタ資料と大昔の魔術や錬金術の資料とが混ざりあった構成で「ハリーみたいな魔法使いってもしや実在した?」と思わせてくれました。とてもおもしろかったです。

 

おわりに| 心が整う美術館

2021年、31歳になりました。
自分の体の変化、親の年齢、いろいろなことを考え出しては止まらなくなるような日が増えた気がします。

日曜日の夜とかね。

 

コロナに限らず、
頑張ってもむくわれないような気がするな。
この生活はいつまで続くのかな。
この生活はいつまで続けられるのかな。

 

そんなふうにひしひしと心が疲れていくのを感じるなかで、美術館に足を運ぶことでどれほど心が整ったことか。

気持ちをフラットにしてくれたことか。

 

美術館を開いてくれて、
素敵な展覧会を開催してくれて、
ありがたくて仕方のない一年でした。

 

2022年もお世話になります。

 



 

まだまだ大変な状況は続きますが、どうかご自愛ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました