「美術館めぐり」と「コスメ」と「すきなこと」。

『SOMPO美術館開館記念展』にゴッホ《ひまわり》を観に行く|感想・所要時間・グッズ情報

SOMPO美術館開催記念展美術館めぐり
スポンサーリンク

 

SOMPO美術館に行ってきました。

日本初の高層階美術館として
1976年に開館した「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」が
2020年7月10日に「SOMPO美術館」として新たに開館し、記念展が開かれています。

 

SOMPO美術館-外観

 

SOMPO美術館開館記念展にゴッホの《ひまわり》を観に行く

ゴッホ5作目の《ひまわり》

SOMPO美術館が所蔵するコレクションで注目なのは、
なんといっても
ゴッホ5作目の黄色い《ひまわり》です。

 

SOMPO美術館-ひまわり

 

ゴッホは生涯で"花瓶に挿された向日葵"の絵を7枚描きましたが、
その中でも一番有名な4作目の《ひまわり》
現在、上野で開催中の
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展』で観ることができました。

 

SOMPO美術館では、
この一番有名なナショナル・ギャラリーの《ひまわり》をゴッホ自らが模写したとされる5作目の《ひまわり》が所蔵されています。

 

ゴッホ-ひまわり-比較

 

SOMPO美術館の《ひまわり》(左)は、
ナショナル・ギャラリーの《ひまわり》(右)と比べると全体的に色が明るかったです。

そして近くでみると、花・テーブル・花瓶などタッチがよく分かるくらいに絵の具が盛り上がっていて、4作目よりも厚塗りに描かれていました。

 

単なる模写ではなさそうで、力強い荘厳なオーラを感じました。

 

SOMPO美術館-開館記念展-撮影スポットSOMPO美術館ロビーの撮影スポット

 

黄色は、ゴッホが芸術家の共同体を夢見て南仏のアルルに建てた家と同じ色
37歳でこの世を去った悩み多きゴッホにとって、黄色のひまわりは特別な想いが込められた作品だったのでしょう。

あなたは、どちらがの《ひまわり》が好きですか。
そんなことを考えるのも楽しいですね。

 

東郷青児コレクション

SOMPO美術館の所蔵作品の核となるのが、東郷青児コレクションです。

『SOMPO美術館開館記念展 珠玉のコレクション-いのちの輝き・つくる喜び』でも多数の東郷作品が観られます。

 

東郷青児という名前は知らなくても、
「作品はどこかで観たことある!」という方もいるのではないでしょうか。

 

東郷青児-超現実派の散歩-そのかぜ右:東郷青児《蝶現実派の散歩》1929年 / 左:東郷青児《そよかぜ》1968年 ※本展ではみられません

 

独特な絵柄で一度見たら忘れられませんよね。

実はこのSOMPO美術館は約240点の東郷作品を持っていて、リニューアルされた建物の外観は東郷青児の描く女性の曲線や丸みをイメージして作られたのだそうです。

 

印象派絵画や「FACE」グランプリ作品など

本展では《ひまわり》や東郷コレクションも含めて70作品が展示されています。

同館が所蔵するゴーガン、セザンヌ、ルノアールなどの印象派絵画もその一つです。

 

ポール・ゴーギャン-アリスカンの並木路、アルルポール・ゴーギャン《アリスカンの並木路、アルル》1888年

 

下のルノアールの《浴女》は、黄ばんだニスを丁寧に取り除いてオリジナルに近い色を復元する修復が施されたそうです。修復過程も画像付きで解説があったりしました。

 

ピエール=オーギュスト・ルノワール-帽子の娘-浴女左:ピエール=オーギュスト・ルノワール《帽子の娘》1910年/右:ピエール=オーギュスト・ルノワール《浴女》1892-93年頃

 

やっぱり西洋絵画がすきだなあ。
これらはどれも近距離で絵具の細部まで観察できます。

 

ポール・セザンヌ-りんごとナプキンポール・セザンヌ《りんごとナプキン》(1879-80年)

 

そして、もう一つ楽しかったのが
公募コンクール「FACE」のグランプリ作品(2013-2019)の展示です。

 

どの作品も個性的。
なかでも2015年グランプリの 宮里 紘規さんの《WALL》は、着想がおもしろくて現代的で機械的でスゴク好きでした。

結果発表 - FACE 2015 損保ジャパン日本興亜美術賞 - コンテスト 公募 コンペ の[登竜門]
主催:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、読売新聞社

 

本展ではこのように、
現代の芸術家作品からゴッホの《ひまわり》まで多種多様な作品を鑑賞できます。

新宿のど真ん中にある新しい美術館。
これからの企画展も注目したいです。

 

グッズ情報

SOMPO美術館開館記念展-グッズ

 

同館では2階がまるまるグッズ売り場と併設のカフェになっていて、広々とした空間でグッズを選ぶことができます。

定番のポストカードや一筆箋、クリアファイルなど充実したラインナップ。
《ひまわり》を前面に押し出したグッズがたくさんです。

 

展覧会概要

展覧会名SOMPO美術館開館記念展 珠玉のコレクション-いのちの輝き・つくる喜び
公式サイトこちら
会場SOMPO美術館(東京・新宿)
会期2020年5月28日(目)~7月5日(日)
2020年7月10日(金)~9月4日(金)
所要時間1時間程度
混雑状況完全予約制でゆったりみられる
音声ガイドなし
チケット一般 1,000円
グッズポストカードなど多数充実
撮影スポット会場内外複数あり
その他コインロッカー(無料)は1Fロビーに。トイレは各階にあり。

※公式サイトをご確認ください

 

関連情報

世界でいちばん有名な《ひまわり》が日本で観られるまたとないチャンスです。

『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展』の感想・混雑・グッズ・所要時間
「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」に行ってきました。ルネサンスからポスト印象派までを網羅した本展は、ヨーロッパ美術史を学ぶにはもってこいです。 また、理屈抜きにあのゴッホの《ひまわり》を観られたのはうれしかった!人生で一度は観ておきたい作品です。

 

ゴッホの"ひまわり"は実は11作品あります。

 

『ロンドン展』に行くならこちらも!8月23日まで開催です。

内藤コレクション展Ⅱ『中世からルネサンスの写本 祈りと絵』の感想・混雑・グッズ・所要時間
国立西洋美術館の常設展で現在「中世からルネサンスの写本 祈りと絵」という小企画展が開催中。内藤コレクション展「ゴシック写本の小宇宙」の第2弾です。ロンドン・ナショナル・ギャラリー展の半券で入場できます。感想・グッズ・混雑状況などを紹介しています。

 

幻想的な美しい絵が好きなら絶対におすすめ。

『ピーター・ドイグ展』の感想・混雑・グッズ・所要時間
『ピーター・ドイグ展』に行ってきました。 ドイグの日本初の個展でみられる幻想的な作品の数々。巨大な絵画に圧倒され色づかいに魅了され・・・。展示風景やグッズ、混雑状況などすべて画像つきでレポートしています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました