「美術館めぐり」と「コスメ」と「すきなこと」。

『DOMANI ・明日展2020 』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況

DOMANI・明日展2020美術館めぐり
スポンサーリンク

 

今年も始まりました「DOMANI・明日展」

 

文化庁が若手芸術家の海外研修を支援する
「新進芸術家海外研修制度(在研)」の成果発表展として毎年開催されています。

 

文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち|DOMANI・明日展
「DOMANI・明日」展は1998年にスタートした、文化庁の「新進芸術家海外研修制度」経験者を中心に構成するアニュアル展で、すでに20回以上の開催歴を持ちます。この度、展覧会サイトをリニューアルし、展覧会情報の紹介に加え、日本の若手中堅作家の支援プラットフォームへと歩みを進めます。

 

第22回を迎える今年のテーマは

傷ついた風景の向こうに(Landscapes in Our Age: Scarred and Reborn)」です。

 

 

20世紀以降、日本が、世界が経験したなんらかの被災──地震や風水害といった天災や、戦争や環境問題のような人為的災いにより生じた「傷痕」について、直後のジャーナリスティックな表象でなく、時間を経て生まれた表現が集まります。作家それぞれの「傷ついた風景」をつなぐことを通じて見える、傷ついても生き残り、再生する風景──「明日」を見据える企画です。(公式HPより)

 

"ジャーナリスティックな表象ではなく、時間を経て生まれた表現"
というのがポイントかもしれません。

被災の傷跡ばかりを切り取った展覧会ではありませんでした。

 

DOMANI・明日展2020展示-風景「DOMANI・明日展2020」展示風景

 

作家それぞれの目線で、
傷跡から未来につながる風景を表現しているのが興味深かったです。

 

DOMANI ・明日展2020 感想・楽しみポイント

「庭」という風景-作家の死を超えて

若林奮-緑の森の一角獣座-カッパー・ペインティング 若林 奮《緑の森の一角獣座 カッパー・ペインティング D-6、D-7、D-8、D-9、D-10》1996-2003

 

こちらは戦後日本を代表する彫刻家 若林 奮(1936-2003)さんの作品です。

若林さんは、鉄、銅、鉛、木、石膏、硫黄などの様々な素材をつかい、人間と自然との関係を追及し続けたそうです。

 

傷ついた風景をまなざす、傷ついた身体

佐藤雅晴-I touch Dream #1-福島尾行佐藤 雅晴《I touch Dream #1》1999/《福島尾行》2018

 

アニメーション作品もありました。
スクリーンに映し出されるアニメと手前にあるピアノ。

 

佐藤雅晴ピアノ

 

でも、このピアノ、鍵盤は動くのに音は鳴らないんですね。

鍵盤の下がる静かな音がアニメーションと重なり、切ないような言葉にしがたい空間を作り出していました。

 

自然の摂理、時間の蓄積

日高理恵子-樹を見上げてⅦ日高 理恵子《樹を見上げてⅦ》1993

 

こちらは、展覧会のフライヤーに使われている作品のシリーズ。

 

ここ数年、見上げている枝はそのものがまず空間に「在る」ということ、この存在のリアリティとともに感じられる距離感がとても気になっている

(展示解説より一部抜粋)

 

傷ついたあとも自然は変わることなく
芽吹き、
葉をつけ、
落葉します。

 

展覧会ではそれに対応する木々の作品を観ることができました。

とても美しいです。

 

景色のはじまり

富永愛子-景色のはじまり富永 愛子《景色のはじまり》2011-12

こちらは高さ30m。金木犀の葉っぱ12万枚をつかってつくられているんです。

やさしい光が透けて、木漏れ日のような影を作っています。

 

富永愛子-はじまりの景色富永 愛子《はじまりの景色(春の日のこと/地図)》2016

 

再生に向かう風景

エピローグは、宮城県、福島県、岩手県の風景写真でした。

 

畠山直哉-DOMANI2020畠山 直哉/作品展示風景

 

有名作家から新進作家まで-11名によるグループ展

今回の展覧会は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック年の冒頭にあたり、国が展開する「日本博2020」のプログラムに参画する特別版とのことです。

 

国際的に知名度の高い作家から新進作家まで11名によるグループ展となっています。

 

会期が1か月程のとても短い展覧会になります。

ぜひ足をはこんでみてください。

 

*参加作家は日高理恵子、宮永愛子、藤岡亜弥、森淳一、石内都、畠山直哉、米田知子、栗林慧/栗林隆、若林奮、佐藤雅晴の11名

 

展覧会情報 所要時間・混雑・グッズなど

展覧会名

DOMANI ・明日2020 傷ついた風景の向こうに

公式URL公式HP公式Twitter
会期2020年1月11日(土)~ 2月16日(日)
会場国立新美術館
チケット一般 1,000円(税込)
所要時間30分~1時間
混雑初日(休日)に行きましたがゆったりでした。 
音声ガイドなし
グッズ

展示作品に限らずさまざまな作家さんのグッズが充実

DOMANI2020グッズ

 
 
 
▼その他、現代の芸術家の展覧会
『塩田千春展:魂がふるえる』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況
公式が「没入型」と銘打っているとおり、観客は作品の中に入り込んであらゆる角度から鑑賞できるようになっています。真っ赤な糸が張り巡らされた中を歩いたり、のぞいたり、裏側から見たり。意味が分からなくても歩いているだけで面白いと思いました。

 

『バスキア展 MADE IN JAPAN』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況
バスキア展に行ってきました。混雑状況やグッズ情報のほか、バスキアってどんな人なのか、展覧会はどんな感じだったのか、作品の画像を交えながらまとめています。

 

『クリスチャン・ボルタンスキー -Lifetime』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況
衝撃度では2019年で一番だったと、個人的には思っています。ボルタンスキーの半世紀にわたる作品をたどった大回顧展。おそらく一番最初に見る映像作品から衝撃を受けると思います。「ん? わたしいま、あの世にいるのかな?」

 

『未来と芸術展』の感想・グッズ・所要時間・混雑状況
「未来と芸術展」は多くの展示物が体験型なので、先端技術やSF好きの方だけでなく、子供たちも楽しめると思います。 いつかクローン人間や不老長寿が実現したとき、わたしたちはどう生きるのか。 ぜひ「未来と芸術展」を体験してみてください!!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
クリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 美術ブログ いろいろな美術・アートへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました