「美術館めぐり」と「コスメ」と「すきなこと」。

『画家が見たこども展』の感想・所要時間・グッズ情報

画家が見たこども展美術館めぐり
スポンサーリンク

 

「画家が見たこども展」に行ってきました。

 

本展を楽しむポイントは
印象派に続く世代の芸術家グループ

「ナビ派」です。

 

画家が見たこども展

 

18世紀頃までの西洋において、子どもは「不完全な大人」とみなされていました。

しかし、ナビ派の画家たちが描く子どもは、
天使のように可愛く、優しく、力強く、そして時に辛辣な側面をもつ存在として描かれています。

 

『画家が見たこども展』感想・見どころ

ナビ派

19世紀末のパリで活動した「ナビ派」
印象派に続く世代の芸術家グループです。

 

モーリス・ドニ-雌鶏と少女モーリス・ドニ《雌鶏と少女》1890年 国立西洋美術館蔵

 

ゴーガンから指導を受けた
ポール・セリュジエ(1864-1927)
を中心に、同じパリ画塾の生徒を誘って結成したグループで、

ピエール・ボナール(1867-1947)
モーリス・ドニ(1870-1943)
エドゥアール・ヴュイヤール(1868-1940)
フェリックス・ヴァロットン(1865-1925)

この5名がナビ派の主要メンバーです。

 

ナビ派の画家たちは都市とその活気に魅了され、パリの街中で繰り広げられる光景を注意深く観察して絵を描きました。

 

「子ども」の変化とナビ派

さて、西洋では伝統的に「子ども=不完全な大人」と考えられていました。

それが、18~19世紀のロマン主義やレアリスムの時代をとおして、「子どもは大人とは異なる独立した人格を持つ存在」として考えらるようになり、西洋社会における子ども観が変化していきました。

 

エドゥアール・ヴュイヤール-《乗り合い馬車》エドゥアール・ヴュイヤール《乗り合い馬車》1895年頃 ハマー美術館蔵

 

ナビ派の画家たちが描く「子ども」は、
天使のような愛らしさ、優しさ、力強さ、時には辛辣な一面がそのまま素朴に描かれています。

 

画家が見たこども展-撮影スポット展覧会撮影スポット①/2 フェリックス・ヴァロットン作品

 

パリの街に芸術性を見出していたナビ派の画家たちにとって、街中に登場する「子ども」は、描かずにはいられない近代都市の重要な登場人物だったのでしょう。

 

家族の情景の暖かさ

ナビ派の画家たちは自分を取り巻く家族をテーマにした絵画も数多く描きました。

 

ピエール・ボナール-子どもたちの昼食ピエール・ボナール《子どもたちの昼食》1897年頃 ナンシー美術館蔵

 

そのどれもが愛情に満ち、子どもたちを愛しく思う気持ちが絵に表れていて、観ている私をも幸せな気持ちにさせてくれました。

 

モーリス・ドニ-子ども部屋(二つの揺りかご)モーリス・ドニ《子ども部屋(二つの揺りかご)》1899年 個人蔵(遺族)

 

上の作品を描いたモーリス・ドニは、自身の9人の子どもたちを度々題材にしました。
幼い兄弟たちが見つめ合う一場面。尊いですね。

会場に飾られたこの絵と並ぶ4点のドニ作品ですが、じつは額縁もすっごくかわいいので注目してみてください。

 

 

ピエール・ボナール-家族の情景ピエール・ボナール《家族の情景》1893年 三菱一号館美術館蔵

 

ボナールの《家族の情景》はぷっくりほっぺの赤ちゃんと両親の心温まるシーンですしょうか。

ボナールは「日本かぶれのナビ」と呼ばれるほどの親日家で有名です。
縦長のキャンバスや平面的なタッチは日本の浮世絵に大きな影響を受けています。

 

エドゥアール・ヴュイヤール-青いベッドにいる祖母と子どもドゥアール・ヴュイヤール《青いベッドにいる祖母と子ども》1899年 ヴィンタートゥール美術館蔵

 

私が本展でとくに好きになったのは
エドゥアール・ヴュイヤールの《青いベッドにいる祖母と子ども》です。

奔放に動き回る赤ちゃんを見守るおばあちゃんが、私のおばあちゃんを思い出します。

 

作者のヴュイヤールは生涯独身で子どもを持ちませんでしたが、姉夫婦の娘アネットがいる光景を度々描いたそうです。

 

まとめ|「子ども」の魅力

音声ガイドの最後で紹介されたボナールの言葉が印象的だったので書き残します。

 

―私の絵がひび割れずに残ってくれたら、西暦2000年の若い画家たちに蝶のように舞い降りたい―
ピエール・ボナール)
 
子どもたちが小さな体いっぱいに表現する感情。
子どもたちのもつ果てしない未来への可能性。
そんな希望に満ちた「こども」という存在自体の尊さに、画家たちは筆をとらずにはいられなかったのかもなと思ました。
 
 
メイエル・デ・ハーン-ミミの横顔のある静物メイエル・デ・ハーン《ミミの横顔のある静物》1889年 ファン・ゴッホ美術館蔵
 
 
とっても楽しい展覧会でした。
 

グッズ情報

グッズは美術館1階のショップ「Store 1894」で買うことができます。
展覧会の会場にお財布をもっていかなくても大丈夫です。
 
グッズの種類も豊富で、
定番のポストカードは"こども展"ならでは。
すべてにぬり絵が付いていました。
 
画家が見たこども展-グッズ
 
おすすめは、やっぱりガチャガチャですかね。
300円ガチャが2種類(ピンズ/ミニタオル)
500円ガチャが2種類(缶バッジ/コサッシュ)
がありました。
 
チケットが時間予約制になったことで混雑はありません。
両替などもしてくれるみたいです。
 
***
 
本展とは異なりますが、三菱一号館美術館は
オルディ・ルドンの《グラン・ブーケ》を所蔵しています。
 
三菱一号館美術館-ルドン-グランブーケ
 
私の一番好きな画家であるルドン。
秋にルドン関連の企画展があるのでとっても楽しみで、関連グッズも買ってしまいました。
 

展覧会概要

展覧会名開館10周年記念 画家が見たこども展
ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン
公式サイト特設サイト 美術館Twitter
会場三菱一号館美術館
会期2020年2月15日(土)~6月7日(日)9月22日(火・祝)
※会期再延長
チケット一般 1,700円 完全予約制
所要時間1時間半程度
音声ガイド声優 内田雄馬さん
グッズ充実ラインナップ。
300円ガチャと500ガチャが全4種類。
撮影スポット撮影スポット①/2
撮影スポット②/2
画家が見たこども展-撮影スポット

 

関連情報

ナビ派を知るならこの本

 

ゴッホやボナールなどの後期印象派や「ナビ派」の画家たちから色彩や画法の影響を受けたとされるピーター・ドイグの展覧会。幻想的できれいな絵画が好きなら絶対におすすめです。

『ピーター・ドイグ展』の感想・混雑・グッズ・所要時間
『ピーター・ドイグ展』に行ってきました。 ドイグの日本初の個展でみられる幻想的な作品の数々。巨大な絵画に圧倒され色づかいに魅了され・・・。展示風景やグッズ、混雑状況などすべて画像つきでレポートしています。

 

同館の秋の企画展は大好きなルドン。絶対に行きたいです。

ページが見つかりませんでした | 新しい私に出会う、三菱一号館美術館
JR東京駅徒歩5分。赤煉瓦の建物は、三菱が1894年に建設した「三菱一号館」(ジョサイア・コンドル設計)を復元したもの。コレクションは、建物と同時代の19世紀末西洋美術を中心。

 

世界でいちばん有名な《ひまわり》が日本に来ています。

『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展』の感想・混雑・グッズ・所要時間
「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」に行ってきました。ルネサンスからポスト印象派までを網羅した本展は、ヨーロッパ美術史を学ぶにはもってこいです。 また、理屈抜きにあのゴッホの《ひまわり》を観られたのはうれしかった!人生で一度は観ておきたい作品です。

 

日本にもゴッホの《ひまわり》を持つ美術館があります。

『SOMPO美術館開館記念展』にゴッホ《ひまわり》を観に行く|感想・所要時間・グッズ情報
SOMPO美術館開館記念展ではゴッホの5作目の《ひまわり》を観ることができます。ロンドン・ナショナル・ギャラリー展でみられる世界でいちばん有名なゴッホの黄色い《ひまわり》をゴッホ自らが模写したという《ひまわり》です。いまは両方日本で観られます。行くしかないですね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました